自分のお墓をどうするか…

税理士について

ご気軽にお問い合わせください大田区 税理士←←ここ。
税理士は国家試験で5教科の試験科目を合格し、2年以上の実務期間を経て国家資格として登録が出来る。
ひとつひとつの科目を取り溜めて行くやり方で受験してもいい。というのは他の国家資格には、受験期間を制限されるものもあるのだが、この税理士には無いので、働きながら資格を取る事も可能なのである。
とは言え、不景気には、人気の高い、国家資格なので、気合を入れて勉強するしかない。
自分は、簿記学校に通って会計科目である、簿記論と財務諸表論に合格した。
受験資格は、大学の教養課程が終了すれば受験できたので、大学3年の夏の受験を睨んで、大学2年の夏から始めたが、簡単ではなく4年かかってしまった。月に1教科12000円の授業料と交通費はバイトで賄った。

 

試験直前には模試代が別途かかるのが大変だった記憶があるが、記憶力も年々衰えてきているので、出来れば若く暗記が楽なうちに、合格を目指したい。
この会計科目以外に、税法科目というものがあって法人税、相続税他自分の得意な分野を受験する事が出来る。

 

相続税と法人税は計算が大変だったので電卓を打つのが大変だった。
いずれも簿記学校などのグループに入って切磋琢磨しながら情報を交換し、刺激のもと勉強するのを薦めたい。