自分のお墓をどうするか…

井の中の蛙になっていた私

小さいころに通っていたピアノ教室では、私はけっこうできるほうだったので自分には才能があると思いこんでいました。
それが違うと気づいたのは、ちょっと成長して専門誌を読むようになってからです。そこの記事に載っている同じくらいの年の子達が、とても難しいクラシックの曲を弾いたり大きなコンクールに出ていることを知り、自分が大したことがないと気づきました。井の中の蛙だったわけです。当時の先生には私のこういうところは見抜かれてたと思います。とても恥ずかしいです(汗)
この記事の子達は特殊なレッスンを受けているのだろうかと思ったこともあります。自分とは全然違うレッスンを、です。それじゃ私がかないっこないです。そんなことを想像して、どんどんネガティブになっていました。
そのせいか、その後レッスンを続けていてもあまり上達しなかったです。そしてレッスンをやめました。あの子達と同じようになれないならレッスンを受けても意味はないと思ったからです。
気掛かりな事はコチラ→岐阜 ピアノ教室で解決しましょう!